ママ活コラム一覧

ママ活ってどうなの?地方(都城市)でもやれそうですか?

投稿日:

ママ活ってどうなの?地方(都城市)でもやれそうですか?

ママ活とは、ママの心を癒すために、男性と一緒にデートや食事に行き、その対価をママから男性へ支払うことを言います。

危険性について最初に触れておくと、ママ活をするママという女性は、基本的にお金を持っている方でないと、ママ活はやれません。

なので、既婚者の女性で、

『夫の収入がかなり良くお小遣いが毎月膨大に貰える人妻』

や、或いは

『女社長でそれなりの利益を上げている』

方が多いです。

既に理解されてると思いますが、相手が既婚者の場合、ママ活の件が夫にバレると裁判沙汰に巻き込まれる可能性がありますので注意が必要です。

また男性側にとって、仮に18歳未満でママ活をおこない、ママと肉体関係まで発展した場合、逮捕までされずとも警察から補導されることも想定されます。

補導レベルならと考える方が多いかもしれませんが、自分の経歴に傷がつき、将来その傷が障害になる可能性も有りますので、これも注意して欲しいところです。

それから、ママ活を地方(都城市)で出来るかというと、地方でもやっている方は大勢います。

特に地方出身の方が一番使うツールが出会い系サイトになるでしょう。

各大手の出会い系サイトは運営歴もかなり経ちますし、知らぬ間に世間から認知されるほどのモノになってきているのが現状です。

なので、今の時代ママ活や、割切りの女性を探す際は出会い系サイトをお勧めします。

そして今回のテーマは宮崎市都城となりますが、大きい枠から話すと、宮崎県の対全国に対する女性社長率は8.6%(全国水準8.0%)もあり、比較的お金持ちの女性は意外に多いです。

ただし、都城市のみだけで探すのではなく、ここの地理的条件を考慮した方が得策です。

車で東九州自動車道を利用して約30分程度先にある宮崎市内の女性を捉まえる方が効率的で、また鹿児島と県境でもある都城ですから、ここも車で30分レベルで到達できる鹿児島主要エリアがありますので、その辺を視野に入れたママ活を目指した方が、ターゲットとなり得る女性が増えるはずです。

-ママ活コラム一覧

Copyright© 今のお見合い事情に詳しくなれるサイト , 2021 All Rights Reserved.